大豆でダイエット、大豆サポニンのチカラは国産大豆100%。体質快便で体質改善をうながすダイエット健康食品として、当社オンラインショップで販売しております。

摂りかたイロイロ・・・


【豆乳麺(コングクス)スープ】
豆乳麺2

白っぽい方が豆乳麺で、黄色いのが生麺です。
豆乳麺は茹でなくて良いので、茹でた生麺と合わせて使うだけでOK。
カロリーもダウン出来て言う事無しです。

1人ご飯でこの豆乳麺でラーメンや冷麺を食べていた際、もう少しコシがあればなぁ…と思っていたのですが、これでバッチリです!
でも2人ご飯の時しか作れないので、我が家の休日の夏麺にこの方式はぜひ採用したいと思います。

豆乳を使ったスープで大豆パワーも倍増ですし、良い感じじゃありませんか。
今回のスープには「大豆サポニンのチカラ」も入れてさらにパワーアップです。
(大豆サポニンのチカラについては過去記事の→こちら←をご覧下さい)

大豆サポニンは日頃お味噌汁に入れて使っているのですが、その他だとパンにも利用しています。
ただ、大豆サポニンの栄養を壊さず摂るには加熱しない方が良いんですよね。
と言う事は、豆乳麺の様な冷麺スタイルのものに使うと、とてもとても良いと言う事に。

ちょっと嬉しくなった休日の昼下がりでした。

材料


<材料> 2人分
豆乳:200cc
錬り胡麻:大さじ2
鶏ガラスープ:400~500cc
大豆サポニンの力:5~10g
塩:少々

すりゴマ:適量

豆乳麺3豆乳麺1

1.練り胡麻と大豆サポニンを合わせて錬り、豆乳を少しずつ加えて伸ばします。
2.冷やした鶏ガラスープを1に少しずつ入れダマにならない様に伸ばします。
3.お好みの濃度になったら塩を加えて味をつけ、茹でて冷やした麺にかけます。
4.キムチや叉焼、そぼろなど好みのトッピングをし、胡麻を振って出来上がり。
 (写真は、キムチ、ゆで卵、小松菜、鶏そぼろを使っています)

今回のスープは塩麹と塩で味をつけています。
鶏ガラスープを使っていますが、白だしやダシダ、または出汁は無しで塩のみ、豆乳のみ…と好みでアレンジが出来るスープなのも良い感じです。




【鱈のカレーソイムニエル、スパイシートマトソース】
鱈のカレームニエル



鱈をカレームニエルにしました。

今回は小麦粉をまぶしてムニエルにしているのではなく「大豆」なんですよ


去年からすっかりはまってしまった

「大豆サポニンのチカラ」です。
これかなり万能なのでとても気に入っています。

これを料理に使うとお肉も柔らかくなるし、シチューやグラタンもマイルドになりますし、何かと重宝しています。
から揚げなどの粉にも使える他、ムニエルの小麦粉代わりにも良い具合なんですよ。

材料

■鱈のカレーソイムニエル、スパイシートマトソース
<材料> 2人分
鱈(または好みの白身魚や鶏肉などでも):2切れ
塩:少々
胡椒:少々
大豆サポニン:小さじ2(10g)
カレー粉:小さじ1

1.鱈は塩を振って10分ほどおいた後、水分をペーパーなどで拭き取っておきます。
2.大豆サポニンとカレー粉を混ぜあわせておきます。
3.1の鱈の両面に2をまぶします。

4.フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ熱し、香りが出たら3を入れます。
5.両面に焼き色を付けたら火を弱め、オリーブオイルを回しかけながら中まで火を通します。

6.火が通ったら、器に盛りソースをかけて出来上がり。


鱈のカレームニエル2鱈のカレームニエル3鱈のカレームニエル4
(ソース)
玉ねぎスライス:1/4個分
好みのキノコや野菜(今回はエリンギ使用):1株
トマトソース:カップ1

白ワイン:少々
顆粒コンソメ:小さじ1/2
好みのハーブ:適量
鱈にまぶした後に残った大豆サポニンとカレー粉:残ったもの全て
塩:少々
胡椒:少々

1.オリーブオイルで玉ねぎを炒め、キノコや野菜を加えてさらに炒めます。
2.トマトソースとワイン、コンソメ、好みのハーブ類を入れて軽く煮詰めます。
3.鱈にまぶした後の残りの粉(大豆サポニンとカレー粉のブレンド)を加えて火を止めます。

4.塩と胡椒で味を整えてソースの出来上がりです。
※ブレンド粉が残っていない場合には、別途カレー粉(小さじ1/3程度)を加えて仕上げます。

トマトソースにカレー粉を加えてスパイシーにしていますが、トマトソースのみでも美味しいですよ^-^
小麦粉をまぶして使うのも美味しいのですが、大豆サポニンは香ばしさがアップするせいか淡泊な食材には合ってるなぁ…と思います。


【ちっちゃいサンド 春ランチin大豆サポニン】
ちっちゃいサンド
普通のパンに入れるだけで、体スッキリ、そしてふわふわ♪
これは嬉しいですね~~♪

ワタシは大豆の味はとくに感じませんでした。

おからを入れるとどうしても重いパンになったりしますが、これならそういう心配は無いですし。


材料

水160g、

塩3g

大豆サポニンのチカラ5g

粉は強力粉200g、

炒り糠20g,

イースト3g、

ハチミツ20g、

練乳20g、

バター20g


ちっちゃいサンド2ちっちゃいサンド3ちっちゃいサンド3
ディナーロール風の小さなパンなので、このままでも美味しいですが、

写真のは子どものお昼です♪

食べやすい卵サンド(ピクルス入り)、鶏ハム、ブロッコリー&ミニトマト
もうひとつは、
リンゴンベリーのジャムとクリーミースム~スをサンド♪
パクパクっと食べてくれました♪


【木の実の食パン in 大豆サポニン】
木の実の食パンin大豆サポニン
美容・健康に良いイチジクとクルミを入れ、更に大豆サポニンを加えることで、

栄養がパワーアップ

粉末状になった国産大豆100%を使用したのですが、

ニオイも全然気にならず、味の邪魔もしませんでした。

溶け残りも無かったですよ。

ほんのり甘くてシットリとした生地に、イチジクとクルミの自然の甘みと食感が

アクセントとなって、美味しくできました


材料

水…80ml

強力粉…220g

薄力粉…30g

大豆サポニンのチカラ…5g(分包タイプ1袋)

卵…Mサイズ1個

バター…35g

砂糖…30g

スキムミルク…18g

塩…4g

ドライイースト…2.8g

ドライいちじく…3粒

クルミ…40g



【フランスパン in 大豆サポニンのチカラ】

フランスパン1

ふんわーりもちもちさくさくです。
フランスパンなので、外側はパリパリ。
そして中のパンはもっちりふんわりで大成功!

材料


薄力粉   80g
強力粉   310g
マーガリン 5g
水     200cc
豆乳    50cc
塩     小さじ2
砂糖    大さじ1と小さじ1
イースト  小さじ1.8

大豆サポニンのチカラ 10g

フランスパン2フランスパン4


なんか素晴らしいね。
赤子だもの、病気にならない力はとっても大事。


そしてミネラルとかも取れそう。
お野菜を食べてくれないbabyさんに是非とも食べれてもらわねば!!と思い頑張りました。


【ヨーグルトカレー in 大豆サポニンのチカラ】
ヨーグルトカレーin


カレーのことを調べますとインドは硬水なので、
今回は硬水を使ってチャレンジです。


ちなみに今回使ったのは
欧米から輸入されているものよりソフトな口当たりの硬水。
お料理にも使いやすそうです。
これでバケット焼いたら美味しそうだな。。。

大豆サポニンはカレーにいれても主張しないし、
手軽に栄養素をとれるからとても便利。



材料



<ヨーグルトカレー>
・材料

   にんにく 1片
 生姜 1片
 玉ねぎ 1個(みじん切り)
 にんじん 1本(乱切り)
 しめじ 1パック
 ピーマン 1個
 大豆水煮 200g
 クミン(パウダー) 小さじ1
 ターメリック 小さじ1
 ガラムマサラ 大さじ2
 なたね油 大さじ1
 硬水 300ml
 大豆サポニン 2袋 (10g)
 ココナツパウダー 50g
 ヨーグルト 200g
 塩こしょう 適量



・作り方
 1、フライパンににんにく、生姜、油を入れて香りが出るまで炒める。
 2、玉ねぎを入れて、飴色になるまでじっくり炒める。
 3、クミン、ターメリック、ガラムマサラのそれぞれ半量をいれて混ぜる。
 4、にんじん、しめじ、ピーマン、大豆、水、ヨーグルトを入れてフタをして煮込む。
 5、具材が柔らかくなったらココナツパウダー、大豆サポニン、残しておいたスパイスを入れ、塩こしょうで味を整えてできあがり。


【豆乳シフォンケーキ in 大豆サポニンのチカラ】

豆乳シフォンケーキ1


ご覧の通りふわふわの最上級に出来上がりました

シンプルな材料に、大豆サポニンのチカラを

ポンと入れただけです♪

3日目の朝もフワフワkeep!

凄いです、大豆サポニンのチカラ

材料


薄力粉(国産):110g

無調整豆乳:105g

大豆サポニンのチカラ:10g

卵:360g(Lサイズ5個)

砂糖:110g

オイル:60g

塩:ひとつまみ



豆乳シフォンケーキ2豆乳シフォンケーキ3

【発芽大麦雑穀入りのライ麦パン in 大豆サポニンのチカラ】
ライ麦パン1

発芽大麦、雑穀、大豆サポニンが入ったパンなんですが、もう1つあるモノが入っています。
これは捨てるには惜しいのでパンに使わなくちゃねと思い入れてみたらこれが大正解でした。

パン用雑穀は水にしばらく浸してから使うんですが、発芽大麦は吸水だけでパンに混ぜるには硬く仕上がると思い茹でてから使いました。
発芽大麦には黒米も入っているのですが、この黒米がポリフェノール成分を持っています。
そして茹で汁がこんな色になるんです。
これがポリフェノールが溶け出した水「ポリフェノール水」です。
この茹で汁香りも味も良くて、さすがにこれ捨てるのは忍びない…と言う事でこの水を使ってパンを焼きました。

材料

【発芽大麦&雑穀入りのライ麦パン】
<材料> 1本分
強力粉:100g
ライ麦粉:20g
大豆サポニン:5g

ポリフェノール水:80~90cc(今回は80cc)
スキムミルク:大さじ1
バター:10g
砂糖(てんさい糖使用):10g
塩:2~3g(小さじ1/2弱)
ドライイースト:小さじ1/2

・パン用雑穀ミックス:大さじ1
・発芽大麦:大さじ1


■雑穀の準備
発芽大麦は30分程度吸水させて、水から10~15分程度煮て柔らかくして、雑穀ミックスを入れ煮汁ごとさまします。(雑穀ミックスは煮なくても良いです)
ザルに上げ、雑穀と水とに分けておきます。





ライ麦パン2ライ麦パン3
1.一次発酵までホームベーカリーにお任せし、途中で水切りした雑穀や大麦などを入れます。
2.一次発酵が終わったら丸め直してベンチタイムを取った後、好みの形に成形します。
3.予熱250度したオーブンを220度まで下げて霧吹きをかけて20~25分焼いて出来上がり。



【ハイジの白パン風、塩麹入りまんまるコーンパン in 大豆サポニンのチカラ】
まんまるコーンパン1

ハイジの白パンの配合をちょっと変えて、コーン風味のパンを焼きました。


我が家でパンと言えば、塩麹に加え、去年から愛用中の大豆サポニンが入る様になりました。
これが入ると本当にふんわりしっとり仕上がるので気に入っています。

コーンパンを作ろうかなーと思ったのが、冷蔵庫にとうもろこしフレークが少々残っていて、

これを使い切りたかったから。




材料


■まんまるコーンパン
<材料>小さめ8個分
強力粉:180g
コーンフラワー:15g
大豆サポニン:5g
塩麹:10g
塩:2g(塩麹を使わない場合は塩小さじ1)
バター:10g

とうもろこしフレーク:15g
水:30cc
牛乳:100cc
(とうもろこしフレーク、水、牛乳を合わせて145~150cc分)


まんまるコーンパン2

1.材料を全てホームベーカリーに入れて一次発酵までお任せ。
 (と言いつつ生地が柔らかめになるので、練り終えたらHBから出し、
  丸め直して外で一次発酵させています。)
2.一次発酵が終われば8分割してベンチタイム10分→二次発酵。
3.予熱170度→150度で10~12分焼成→庫内で3分程度放置後取り出します。

【菜の花とソーセージのピッツァ

大豆サポニンのチカラinピッツァ生地】

ピッツァ1


菜の花を買ってきていたので、菜の花のピッツァとソーセージのハーフ&ハーフピッツァにしました♪
ほんのり春の味のするピッツァです♪

生地はリスドォルを使い、大豆サポニンを入れた生地にしています。
程良く表面はさっくり、そして中はもっちりの生地です。
我が家のピッツァは、オーブンで焼かずにフライパン&グリルを使います。

【大豆サポニンのチカラ】

これを使ったパンの食感がしっとりふわふわに仕上がるのが気に入っており、

パン生地には必ず入れたいと思う様になりました。

今回ピザ生地に初めて使ってみました。
リスドォルを使ったこの配合の生地は、もう何度も作っており我が家の定番生地なのですが、

外側のさっくり感がいつもよりありました。
中のもっちりも程良くて気に入りました♪

材料


■ピッツァの生地
<材料> やや薄めの直径22cm 4枚分

・リスドォル:195g
・大豆サポニン:5g
・水:120g
・塩:3g
・ドライイースト:小さじ1/3
・モルトパウダー:1g弱(無くても可)
※リスドォルを使わず強力粉でも構いませんし、強力粉2:薄力粉1の比率で使っても♪

ピッツァ2

1.ホームベーカリーのピザ生地モードで生地作りをお任せします。
2.ガス抜き後、4分割し丸め直しをしてベンチタイムを10分程度取ったら、麺棒で伸ばします。
3.フォークの先などで表面に空気抜きの穴を数カ所つけたら、フライパンで片面を焼きます。
 (中火で3~4分程度)
4.この間にグリルに火を点けて庫内を温めておきます。
5.裏側がカリっとなったら、好みの具とチーズを乗せてグリルで焼いて出来上がり。

【大豆サポニン入りショートスリムパンを使った エッグベネディクト風トースト】
e0192461_15195034
ショートスリムパンを作った時は何が嬉しいかって言うと、パンの端っこが器に使えるからなんです。

大抵卵を入れて焼く事が多いので、くりぬいてこの様な感じで卵を入れてトーストします。
今回のはベーコンエッグです。
時々グラタンが入る事もありますが、やっぱり卵が多いかな。

今回は上からなんちゃってオランデーズソースをかけて、エッグベネディクト風にしました。
くりぬいたパンを蓋にして、上からオランデーズソース風のものをかけています。

本来エッグベネディクトと言うと、マフィンにポーチドエッグとハムを乗せ、上からオランデーズソースをかけたものなんですが、問題はこのオランデーズソース…なんですよね。
美味しいんですが、美味しいんですが… 真面目に作るとものすごい高カロリーなソース。

マヨネーズに似て比なるもの、卵黄と油と酢を使うと言う点では同じですが、オランデーズソースは、卵黄にたっぷりの溶かしバターを入れて作ります。
風味もコクも豊かなものですが… ね…^^;

なかなかあの量のバターを目の前にして、それを口に入れるとなると勇気が必要だったりするものです。
って事で、自分で作る時はもどきになっちゃいます。

材料


【オランデーズソースもどき】
・マヨネーズ:大さじ2 (カロリーオフタイプ使用)
・牛乳:大さじ2~3
・レモン果汁:小さじ1
・溶かしバター:小さじ1弱
・塩:少々
・白胡椒:少々
・カイエンヌペッパー

e0192461_1356441e0192461_15111420e0192461_15375189


1.カイエンヌペッパー以外の材料を合わせておきます。
  (湯煎にかけて温めておくとなお良しです)
2.ソースとしてかけた後、上からカイエンヌペッパーを少々振ります。
  好みでミックスペッパーを振っても♪





【大豆サポニン入り薩摩芋のポタージュとスモークサーモンサンド】

e0192461_9452870

【大豆サポニンのチカラ】を入れて焼いたしっとりショートスリムパンは、耳までしっとり柔らかく仕上がっているので、サンドイッチに最適なパンとなりました。

レタスの値段が1玉398円でびっくりしていたら、先日1玉598円まで跳ね上がっていました。
さすがにシャキシャキレタスをたっぷり挟んだサンドイッチ…と言うのも無理なので、キャベツを使ったサンドイッチにしました。
薩摩芋のポタージュを添えています。
サンドイッチとポタージュはこんな感じです。

キャベツはさっと茹でて水気を拭いてから挟んでいます。
辛子マヨネーズを塗ったパンにスモークサーモン、トマト、キャベツ、チーズを挟んでいます♪
キャベツのシャキシャキ感がレタスとはまた違った食感で良いバランスでした。

大豆サポニンは100度を超えたら大豆タンパクが壊れてしまうので、高温で焼くパンよりは、お味噌汁やスープ類に入れて摂るのが良いのだそう。
と言う事で今回はポタージュに入れてみました。

今回の薩摩芋のポタージュは、薩摩芋の煮物のリメイク品となっています。
薩摩芋の煮物といってもしっかり味を付けて煮ていないのでアレンジはしやすくなっています。
煮物は皮ごと使い、玉ねぎと一緒に煮込んでミキサーにかけています。
1から作るのであればこんな作り方になります。

材料


<材料> 2人分
玉ねぎスライス:1/4
さつまいも:小1本
顆粒コンソメ:小さじ1
バター:小さじ1
水:適量
豆乳(または牛乳):200cc
塩、白胡椒:少々
大豆サポニン:1袋(5g)


e0192461_953521e0192461_9465274e0192461_1054381

1.玉ねぎスライスをバターでしんなりするまで炒めます。
2.一口大に切ったさつまいもを1に入れ軽く炒めます。
3.具がかぶる程度のお水とコンソメを入れ、薩摩芋に火が通るまでコトコト煮ます。
  (途中水分が減ったら水を足します)
4.火が通ったらハンディミキサーなどで滑らかにします。
5.再度火にかけ豆乳(または牛乳)を足し味を見て、塩胡椒で味を整えます。
6.火を止めてから大豆サポニン1袋を入れ溶かして出来上がりです。



大豆サポニンを入れる事で、味にコクが出たのと、ややとろみが増えた感じになったでしょうか。
ダマになる事もなく溶かしやすかったので、普段のお味噌汁にプラスなど使いやすいと思います。





【大豆サポニン入り しっとりふわふわショートスリム食パン】
e0192461_1242561

5gずつの個包装になった【大豆サポニンのチカラ】分包タイプ。

そんな大豆サポニンなんですが、大豆で粉状のものと聞くと「きなこ」などを思い浮かべますし、大豆の成分と聞けば大豆イソフラボンやレシチンなどを思い浮かべるので、大豆サポニンって身近なものではなかったのでこれまで調べる事もなかったのですが、、今回をきっかけにどういう効能があるのかなぁ?とネットで調べてみたら沢山の情報が出て来ました。

アンチエイジング効果もかなり高い様で、抗酸化作用も強く、コレステロールや中性脂肪といった脂質の生成を抑える作用など、非常に魅力的な成分です。
大豆製品全てに含まれているものなので、普段私達が口にする、味噌や納豆、お豆腐などにも含まれているんですが、サプリメントでの摂取はさらに効果的に体内に取り入れる事が出来る様になります。

と、健康面のお話は色々と尽きないのですが、私はとにもかくにも「パンに使ってみたいわ♪」と言うのが素直な気持ちでした。


パンのレシピは、以前のレシピと同様なんですが大豆サポニンの5gがプラスされるので、強力粉を5g少なくし、この様な配合で作っています。



【ゆりぽむ通信別館さまのブログ】より♪

材料



<材料> 8cm×8cm×20cm 1本分


強力粉:175g(今回は国産小麦のハルユタカを使用しました)
薄力粉:20g
大豆サポニン:5g(分包タイプ1袋)
バター:15g
砂糖:10g
塩:3g
牛乳:140g
イースト:2.2g




e0192461_13475047e0192461_13482115Image2


普段なら包丁で全部切るんですが、今回は外から触ってみるととてもふわっふわだったので、手で割ってみたくなって、やってみました。

手で割るのって気持ちいい~^-^
香りもほわほわほわっと漂ってきて、朝から幸せな気分になりました。

このパンは大豆サポニン入りのポタージュと共に昼食になったんですが、それはまた別途アップしますね。
それにしても大豆サポニンのチカラってすごい!





【大豆サポニンを使った豚肉の味噌麹生姜焼き】
e0192461_1540540


大豆サポニンランチの主菜となっていた、豚肉の味噌麹焼きはこんな感じです。

生姜焼きの合わせダレに味噌麹をプラスするだけのものですが、私は生姜焼きを作る時って隠し味で少量のお味噌を入れています。
少量の場合だと味噌の味は出てきませんが、味噌テイストにしたい場合は味噌はやや多めになります。
今回はほんのり味噌味な生姜焼き、と言った具合に仕上げています。

大豆サポニンもお肉に揉み込んで、しっとり柔らかく仕上がりました。


お弁当のおかずにもどうぞ♪




【ゆりぽむ通信別館さまのブログ】より♪


材料

<材料> 2人分
・豚肉ロース薄切り(赤身):100g
・玉ねぎ:1/4個(好みで増量して下さい)
・ピーマン:2個
・大豆サポニン:1/2袋
・油:小さじ1程度(お肉を焼く時に使います)

(合わせ調味料)
・醤油:大さじ1 (出汁醤油と醤油を半量ずつ合わせて使っています)
・みりん:大さじ1~(好みで調整して下さい)
・酒:大さじ2
・味噌麹:小さじ1程度(好みで調整して下さい)

e0192461_15493487e0192461_15522852e0192461_15541796

1.カロリーカットする場合は豚肉の脂は切り落としておきます。
2.豚肉を半分~3等分に切り分け、調味料と合わせて揉み込んで30分程度置いておきます。
3.玉ねぎはスライスし、ピーマンは縦に6~8等分に切っておきます。
4.焼く直前に豚肉に大豆サポニンを豚肉に回しかけ揉み込んで馴染ませておきます。
5.油を入れたフライパンで豚肉を炒め、表面に焼き色が付いたら玉ねぎ、ピーマンを入れて炒めます。
6.火が通る直前に、豚肉を漬けていた合わせ調味料が残っていればそれも入れ強火で仕上げます。

甘めが好みであれば砂糖を少量加えても良いと思います。







キムチ&ポテトの豆腐ハンバーグ☆大豆サポニンのチカラ】

o0491036811523265657

今日は、大豆サポニン、大豆たんぱく、大豆イソフラボン

大豆オリゴ糖、大豆レシチン、ビタミンEが豊富に含まれる

大豆サポニンのチカラを使って、栄養豊富&カロリー控えめなハンバーグをつくりました。




☆作り方☆     ← (紫苑さまのブログへ)

①白菜キムチは細かく切る。ねぎは小口切りにする。

②じゃがいもは千切りにして、レンジでやわらかくしておく。

③木綿豆腐は水切りしておく。

④ボウルに■の材料を合わせ、小判型に形を整えて、フライパンで両面焼く。

⑤お皿に盛りつけて市販のノンオイルドレッシングをかけ、ねぎをかけて出来上がり。

タレはドレッシングを使って手軽に。

キムチとポテト、豆腐のハーモニがステキ。ふわふわでおいしいラブラブ


材料

☆材料 2人分☆

白菜キムチ 50g
合びき肉 150g
木綿豆腐 1/4丁
じゃがいも 1/2個
大豆サポニンの力 1袋(5g)
塩、胡椒 適量

ねぎ 少々
市販のノンオイルドレッシング 大さじ2




o0368027611523264877o0430032211523264878


大豆サポニンの力 は大豆の栄養素が摂れるだけでなく、

お料理やお菓子をおいしくしてくれますラブラブ

この文字を見て心が躍ったのですが、

サポニンはシャボン(石鹸)が名前の由来です。油(脂質)落としは、大豆サポニンの得意技

これはダイエットにもよさそうラブラブ


料理が美味しくなるうえ、女性にうれしい栄養素がいっぱい。

大豆サポニンの力 チェックしてみてくださいね音譜






【大豆サポニン ヘルシーランチ】

e0192461_1322421

火を止めてから入れてお味噌汁の出来上がりです。
入れる前と入れた後の味の違いですが、確かにまろやかになります。
おからを入れるのもマイルドになりますが、大豆サポニンが入るとさらにまろやかな風味。
大豆同士と言う事で、大豆サポニンとお味噌の相性と言うのはバッチリって事でしょうか。
美味しいです♪
豚肉と半分ずつ使っているので、入れた量は1/2袋分です。
続いて豚肉なんですが、作り方などは別記事にしておきますので、良かったらご覧下さいませ^-^

それにしても休日の昼定は嬉しいです♪

材料


【大豆サポニンランチ】
  ・雑穀ご飯(家人130g 私100g)
  ・具沢山のお味噌汁
  ・豚とピーマンの味噌麹生姜焼き
  ・南瓜のレンジ蒸し
  ・大根の炒り糠漬け
    (トータル 家人:約450kcal 私:約400kcal)


大豆サポニンを使ったのは、お味噌汁と豚肉です。
それぞれこんな感じです。


e0192461_13342696e0192461_13442589e0192461_1482582

平日の家人向けお弁当を500kcal未満目指して作っているので、昼定も500kcal以内で作っています。
私のはご飯とおかずの量がやや少なくなるので、400kcalぐらいになる事が多いです。
ご飯とおかず類で組み立てるか、丼系にするか…はたまた麺類にするか、あるいはパン?
ご飯も麺もパンも好きなので、いつもいつも迷ってしまいます。





あったかほくほく 大豆サポニン入りお粥 の朝ご飯と梅ひじきふりかけ
e0192461_11414


冷蔵庫に薩摩芋が1つ残っていたので、レンジでふかし芋にしてさっと焼いたものです。

芋粥と言うものですが、我が家の芋粥はお芋さんと一緒に炊くのではなく、予め蒸すなり焼くなりしたお芋さんを用意し、器に入れてからお粥を注ぎます。


一緒に炊くのとはまた違って、お芋さんのほっくり感が楽しめるお粥です。
レンジ蒸しにしたほくほくカボチャやジャガイモと合わせても美味しいですよ。
さつまいもを滅多に買わないので、年に1~2回作る程度なんですが時々食べたくなるお粥です^-^

そんな芋粥に合わせた本日の雑穀は、もちきび、はとむぎあたりを多めにした雑穀粥です。
ご飯と雑穀が半々ぐらいでしょうか。


【そして本日は大豆サポニンも入ったお粥になっています】
お粥を蒸らし終わってから仕上げに入れています。
お粥の様なものでもさらっと溶けるので、これは良い感じです。

お粥に添えているのは、大根の炒り糠漬け、梅干し、そしてひじきのふりかけです。

材料


【ひじきのしっとり梅ふりかけ】
<材料>
ひじき:1カップ
出汁醤油:大さじ1/2
酒:大さじ1
昆布出汁:大さじ2
ゆかり:大さじ1~好みで調整
粒の梅肉:適量(カリカリ梅や干し梅などを使っても)
黒胡麻(または白胡麻):適量


e0192461_1165778e0192461_11205523e0192461_11102051

1.戻したひじきをフライパンで炒め、出汁醤油、酒、昆布出汁を合わせたものをまわしかけます。
2.水分が無くなってきたら、ゆかりを入れ炒めます。
3.仕上げに粒の梅肉(または刻んだ梅干し)と胡麻を入れて混ぜあわせて完成です。



【ヒレカツ揚げた~ 大豆サポニンのチカラ使いました♪】
o0523039211497213157


大豆が体にいいのはもうみんなが知っていることですよね。私も実は毎朝牛乳の代わりに豆乳を飲むようにしているんです。

でも豆乳って好き嫌いがあって、私以外の家族のだれも飲もうとしないんですよね。体にいいのになあ(´_`。)

そんな時に大豆の栄養がまるごととれるものを知りました。

大豆サポニンのチカラです。

大豆サポニンのチカラは特許製法から生まれた全脂脱臭大豆粉末を使っているから、生大豆特有のいやなにおいがないんです。


サプリメントは錠剤のものが多いですけど、これは粉末。なのでいろんな料理にも使うことができるんですよ。料理に使えば、家族も知らず知らずのうちに大豆の栄養を摂ってることになるんですよね。これはいいよね(・∀・)



黄色い花 お皿に2袋分の大豆サポニンの力を出しました

黄色い花   ヒレカツの衣に、小麦粉代わりに使います~o(〃^▽^〃)o
黄色い花 ヒレカツ500g分で、ちょうど大豆サポニンのチカラが2袋使いました。


o0385026411497213155o0397033711497213154o0490036811497213156

今回は揚げ物するときの小麦粉代わりに使ったけど、使いやすかったですよ。お肉にきちんと張り付くし、ほんと、小麦粉と同じです。それで栄養があるんだから、これはいいよ~( ̄▽+ ̄*)

しかもね、肉に絡めて料理すると、肉が柔らかく香ばしく出来上がる特徴があるらしいのです。


たしかにこのヒレ肉、すごく柔らかくておいしかったです( ´艸`) (ヒレ肉って柔らかいもんだと思ってたけど、大豆サポニンのチカラが威力を発揮してたのかもね。)



大豆サポニンのチカラは、ほかにもスープや味噌汁に溶かしたりしてもいいし、お湯に溶かして飲んでもおいしいらしいんですよね。


お料理にいろいろ使って、それでよりおいしく出来上がるなんて嬉しいですね。ほかにもどんな使い方ができるのか、これからも試してみようと思います(≡^∇^≡)





SKさん 46歳 うるさい夫が黙ります
Image2

【お味噌汁】に入れて摂る方法が一番好きです。簡単にまざるし、何よりも味に深みが加わります。

“味にうるさい夫も、お味噌汁を飲むときは黙ります”

サプリメントに対して反対派の夫には、大豆サポニンのチカラの容器を見せると嫌がりますので隠してあります。

こっそり 夫婦で健康】 になれることがいいと思いますョ、私は。





商品に関するお問い合わせ